★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★


建築行脚は東銀座から舞台を六本木へ・・・ 目指すは六本木・東京ミッドタウン!

ミッドタウン内のガレリア3階 サントリー美術館にて開催中の

「歌舞伎座新開場記念展 歌舞伎~江戸の芝居小屋~」

を見に行ってきました。 歌舞伎繋がりと言うことです。

 

右手の縦折型のパンフレットがサントリー美術館の年間スケジュールパンフなのですが

この歌舞伎の企画が正面を飾っています。 今年一押しの企画と言うことがわかります。

パンフレットの類も 役者絵 屏風絵の一部を使用した派手画面で構成されています。

パンフレットの類も 役者絵 屏風絵の一部を使用した派手画面で構成されています。

パンフの中身はこんな感じです。 「役者」と「観客」を結ぶ「芝居小屋」に焦点を当てた企画である事が紹介されています。

パンフの中身はこんな感じです。 「役者」と「観客」を結ぶ「芝居小屋」に
焦点を当てた企画である事が紹介されています。

展示内容は 役者絵 絢爛豪華な屏風絵 そして 芝居小屋の中を遠近法を用いて

細かく表現した 現代で言うところの内観パース(透視図)等 絵画が中心ですが

どれもこれも貴重なものばかり・・・ 建築をやっているものにとっては

なかなかの充実した内容でした。 舞台のミニチュア 歴代の歌舞伎座の模型

舞台衣装 台本に至るまで 歌舞伎ファンとしても勿論 充分に楽しめる企画です。

第五期歌舞伎座の実物を見た後に この企画展を見る事が出来 今からの歌舞伎に対する

期待としてのイマジネーションが更に大きくなって来ました!

時間の制約もあり 駆け足での観賞でしたが 来て良かったと思える展示内容でした。

 

ちなみに こちらの サントリー美術館のそのものの設計も 第五期歌舞伎座と同じ 

建築家 隈 研吾氏であります!

 

 

2013年 3月 21日
カテゴリ: 建築
タグ: , ,