カレンダー
2019年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
旧ブログ
2013/2月以前のブログは
>> コチラです
ブログランキング
ランキング参加中!
よろしければ『クリック』してください!
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新コメント/トラックバック
  • Loading...
検索
月別: 2019年 4月

2019年 4月 30日

◆「建築行脚 長崎・福岡編」その九

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

『親和銀行大波止支店』 建築家 白井晟一作 1963年

佐世保を拠点とする 親和銀行の支店です。

正面外観・・・ 普通に見て 宗教施設?って 雰囲気が漂ってきます・・・さすが白井さん・・・。

ここだけ背の低い建築・・・ 半世紀以上前から・・・。

建物の足元に 水・・・ ほとんど宗教施設の体・・・。

銘板・・・厚い石を 文字部だけ残して削っています・・・ ご苦労様です・・・!?

キャノピーの柱 側のSUSが微妙にむくっています・・・ふっくらと・・・。

完成後 半世紀以上たっている 地方銀行の支店・・・

白井さんの デザインが今も色あせることなく・・・

私が若い頃に東京銀座の「親和銀行」を見て

作者が白井さんと知らない時分にも 

何だか解らないけど力のある建築・・・ 

誰か知らないけど 凄い建築家が建てたのだろう・・・

と感じていました・・・。 

 

やっぱり 白井晟一・・・ 凄い。

 

 

2019年 4月 29日

◆「建築行脚 長崎・福岡編」その八

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

「聖フィリッポ教会」の内部です・・・。

内部はそれほど広くなく 仕上げも質素そのもの・・・ステンドグラスからの光が際立ちます。

小さめの空間 小さめのステンドグラス ヒュウマンスケール・・・ 豊かな空間です。

太陽の向きがちょうど 背面から・・・ 祈りの空間にふさわしい 実に美しい光。

本当に 豊かな空間・・・ 近年 内部の壁は白く塗装されたとか・・・。

竣工当時から近年まで 内壁はコンクリート打放しだったとか・・・

その雰囲気のままを 見てみたかった・・・。

 

 

2019年 4月 28日

◆「建築行脚 長崎・福岡編」その七

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

『聖フィリッポ教会』 1962年 設計 今井兼次氏

 

「日本二十六聖人記念館」のすぐ隣に位置しています。

双塔は 天に向かって突き上げる「腕」のごとく・・・力感に溢れていました。

近年 外壁に塗装が施された感じが・・・ もったいない・・・。

いつか自分の目で見てみたいと思っていた建築の一つ・・・実現しました・・・。

「凄いな・・・」

筋肉質の腕に浮かび上がる動脈のようにも見える・・・。

「日本二十六聖人記念館」でも見られた 日用雑器の破片等々がちりばめられています・・・。

この様な建築は 今後も出来ないのだろうな・・・。

「記念館」と「教会」同じ時期に同じ設計者による魂の作品・・・美しい・・・。

「日本二十六聖人記念館」と同じ設計者・・・

力強く・・・ 迫力に満ちた造形・・・

共通する 陶磁器 タイルの破片を散りばめた

モザイク仕上の外壁・・・訪れて「良かった・・・」と

つくづく 思います・・・。

 

 

2019年 4月 27日

◆「建築行脚 長崎・福岡編」その六

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

「日本二十六聖人記念館」 内部へ・・・。

内部はスキップした中二階と吹抜の空間・・・。

ステンドグラスの光が 何とも 美しい・・・。

光の採り入れ方が 絶妙・・・です・・・。

ここにも ステンドグラスが・・・ 椿の花が描かれています・・・。

こちらには 梅の花が・・・。

時間の関係で 内部の展示物そのものは じっくりと見ることは

出来ませんでしたが・・・ 建築の素晴らしさ 醸し出す

空気感だけで 充分 作者の意志が伝わって来ました・・・。

 

 

 

2019年 4月 26日

◆「建築行脚 長崎・福岡編」その五

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

『日本二十六聖人記念館』 建築家 今井兼次氏の作。(1962)

正面に記念碑 彫刻家 舟越保武氏の作。

右手の隣接地には 同氏 設計の『聖フィリッポ教会』の姿が・・・。

記念碑の背後に『記念館』縦格子が特徴的なメインファサード。

妻側には様々な陶磁器 タイルのモザイク画・・・ 迫力・・・。

圧倒的な迫力です・・・。

美しい・・・。

日用雑器の破片等々・・・ 作者の魂を感じます・・・。

建物の背面・・・ 正面と同じ意匠・・・ 平屋の建屋が別棟でありました・・・。

逆側の妻面 意匠・・・ こちらも凄い・・・。

モザイク画・・・ 凄い・・・ 迫力・・・。

記念碑の裏側のレリーフは 建築家・今井氏の作・・・。

キャノピーを支える柱・・・ これも ほぼ彫刻・・・。

現代の建築には無い「迫力」を感じます・・・。

 

 

2019年 4月 25日

◆「建築行脚 長崎・福岡編」その四

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

今回が最後・・・『ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート』です。

変形した屋根にドットの穴が・・・屋根ではない・・・!?

足元には『水盤』・・・コスト掛かってます・・・。 仕方なくブレースも顔を出したりして・・・。

ここはどこかと言うと・・・長崎市内が一望できる屋上です・・・。

そこには これまた 絶景が望める「ガラスのチャペル」があるのです・・・。

天井が屋根そのもので 勾配が付いているのが解ります・・・。

壁にも 穴が・・・。

意外に近いところに 世界遺産「ジャイアントカンチレバー」が見えます・・・。

まさに絶景に建つホテル・・・

素敵な施設でした・・・。

 

 

2019年 4月 24日

◆「建築行脚 長崎・福岡編」その三

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

『ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート』には

離れが 幾つかありました・・・。

客室棟のようです・・・。

よく見ると 屋根と建屋が わざわざ ちょっとだけ ずらしてあります。

エントランス部分に 大きく屋根が 被さっています。

こちらは 寿司屋さんのようです・・・。

外壁にリブ状の板が 段々に・・・ 特徴的です・・・。

こちらの棟も 屋根に特徴があるデザイン・・・ 軒裏も 面白い・・・。

こちらは 和食レストラン棟・・・のようです。

テラスがありプールがあり長崎市内が一望・・・贅沢な空間です。

こちらにも 客室棟が・・・。

アプローチにはガラスの庇が・・・。

こちらにも 別の客室棟・・・。 デザインは本館を踏襲・・・ 三階建てのようです。

板の縦・横のグリッドが何とも バランスが良い・・・。

低層の別棟で配置された建築が 其々 対岸にある長崎市内に

向けて造られています。 

 

中からの眺めは・・・ 最高なんでしょうね・・・。

 

 

 

 

2019年 4月 23日

◆「建築行脚 長崎・福岡編」その二

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

引き続き『ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート』です。

簡単そうで 難しい バランス・・・ さすが隈さん・・・。

小さなロビー空間・・・ランダムな窓が特徴的です・・・。

フロントカウンター越しの・・・その先にレストランがあります。

逆に レストラン側からフロントロビーをのぞむ・・・。

レストランの内部・・・天井に外壁のデザインモチーフが・・・。

レストランの窓からは 長崎市内の絶景が・・・。

鉄骨の内部階段も 美しい・・・。

ササラ廻りのデザインが軽やかさを演出しています・・・。

ほら・・・ こんな感じ・・・ ね・・・。

今日は ここまで・・・ 続く・・・。

 

 

2019年 4月 22日

◆「建築行脚 長崎・福岡編」その一

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

先週末に敢行しました「建築行脚 長崎・福岡編」の

第一回目のレポートです。 まずは長崎市内にあります

『ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート』 

設計者は 隈 研吾氏であります。

外観です。 斜面に建つリゾートホテルです。

外壁には杉材でしょうか? 縦・横にリズミカルに張り分けられています。

メインエントランス側から・・・迫力あり・・・尚且つ オシャレ・・・。

竣工後 数年が経過して外壁の杉材がいい感じに風化しまるでコンクリート化粧打放しのように変化していました。

この軒天の迫力・・・感動ものです・・・。

美しい・・・経年変化を遂げています・・・。

さすが・・・世界の 隈さん・・・。

 

 

 

 

2019年 4月 21日

◆「帰還・・・」

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

昨日の夜 二泊三日の「建築行脚 長崎・福岡編」から

帰還しました・・・。 その詳細は 後日このブログで

随時 UPして行きたいと思います・・・。

 

 

« 前へ
〒997-1123 山形県鶴岡市友江町16-20 TEL 0235-33-2432 FAX 0235-33-3259