カレンダー
2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
旧ブログ
2013/2月以前のブログは
>> コチラです
ブログランキング
ランキング参加中!
よろしければ『クリック』してください!
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新コメント/トラックバック
  • Loading...
検索
DIARY トップ > 完成写真

2021年 9月 15日

◆「曹洞宗 興林山 総穏寺 黒門」完成写真

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

アマチュアの私の写真ですが・・・

もう少し UP しておきます・・・。

 ◇この木建も 古いものです・・・
 ◇懸魚も 肘木も 江戸期の代物・・・
 ◇もう 秋の空ですね・・・

プロの写真は 来月まで お待ちください・・・

乞う 御期待・・・。

 

 

2021年 9月 14日

◆「曹洞宗 興林山 総穏寺 黒門」完成写真撮影

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

昨年より 設計に取り掛かり

江戸時代から現存する歴史ある「黒門」

数度の現場実測等を経て

補強 補修を施し 今夏 七月にお引き渡し

少々 時間が経過しましたが 本日

完成写真撮影を行ってきました。

撮影者は いつも通り

「WHITE HOUSE」 浅賀さんに依頼しています。

 ◇言わずと知れた 藤沢周平の作品「又蔵の火」の舞台でもあります。
 ◇後方に「赤門」 立派なお寺さんです。
 ◇彫刻を施された「飾り板」が大小合わせて八枚 配されています。
 ◇好天に 恵まれました。

ちなみに 今回 UP した写真は・・・

私の撮影した ものです・・・

プロの 写真は 改めて・・・

このブログで UPして行きます・・・。

 

 

2021年 9月 7日

◆「竣工写真・・・」アポ

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

いつも通り・・・

ホワイトハウスの浅賀さんへ・・・

竣工写真撮影の依頼を・・・

天気の良い日を見計らって・・・

行こうと思います・・・

 

今回は「鶴岡PROJECT ’20-01」こと

『総穏寺 黒門』の竣工写真です。

 

 

2020年 7月 31日

◆「(宗)禅源寺 庫裡」完成写真 十一

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

一般的には昼に訪れることの多い 「お寺さん」

ライトアップするわけでは無いけれど・・・ 

夜も 地域の景色の一部になればと思い・・・

設計しました・・・。

          トワイライトブルー  ZENGENJI・・・
         夜は 「縦格子」 から漏れる 「灯り」 を テーマに・・・
          既存の庭越しに パチリ・・・
         夕暮れ時の 寺院玄関・・・
         玄関から 庭園を のぞむ・・・
          正面の窓から 四季折々の景色が感じられます・・・

ここまで 自然素材にこだわって設計した案件も

これまでの長い設計人生において 無かった経験です・・・。

貴重な経験をさせていただきました・・・

建築に関係していただいた多くの方々に

「感謝」 申し上げます。 ありがとうございました。

 

 

 

2020年 7月 30日

◆「(宗)禅源寺 庫裡」完成写真 十

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

住居部分 二階には 二つの個室・・・。

         二階 階段ホール・・・
          吹抜空間・・・
          寝室A(7畳) ベランダ付きです・・・
          寝室B(12畳) 将来 二分割可能ここも ベランダ付き・・・

二階も 一階同様 下地材から 自然素材にこだわり

快適に暮らしていただけると・・・ 思います・・・。

 

 

元請会社は 鶴岡建設株式会社・・・       

撮影者は いつも通り・・・

「WHITE HOUSE」 の 浅賀 進氏 であります・・・。

  

 

 

 

2020年 7月 24日

◆「(宗)禅源寺 庫裡」完成写真 九

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

住居部分の 階段を UPします・・・。

          住居部の床材は 杉(無垢) 階段は松(無垢) 壁 天井は 自然塗料・・・
          階段は 吹抜空間になっています・・・
         こんな 吹抜空間です・・・
         手摺はシンプルに見えますが 実際の施工は 大変な労苦が・・・

階段を設計するに当たって 考えていることがあります・・・

 

1階から 2階へ・・・ 住宅であれば 約3mほどの空間を

垂直移動できる・・・ それを実現できる装置が 「階段」・・・

建築空間の中でも 特筆すべき存在感・・・ のはず・・・

だから その空間は 「ドラマチック」 で なければ・・・

  

いつも そう 思っています・・・。

  

 

2020年 7月 22日

◆「(宗)禅源寺 庫裡」完成写真 八

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

住居部分は シンプル・・・ モダン・・・

          玄関ホールから 階段を のぞむ・・・
          逆から・・・ 階段(吹抜)から 玄関ホールを のぞむ・・・
          玄関・・・ シンプル・・・ モダン・・・

寺院部分と同様に・・・

使用材料は 下地材まで 自然素材、 無垢材・・・

住居部分は シンプル&シンプル・・・ モダン&モダン・・・。

 

元請会社は 鶴岡建設株式会社・・・       

撮影者は いつも通り・・・

「WHITE HOUSE」 の 浅賀 進氏 であります・・・。

 

 

2020年 7月 21日

◆「(宗)禅源寺 庫裡」完成写真 七

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

ここからは 住居部分のUPになります・・・。

          こちらは 茶の間 変形の7畳間になります・・・  奥が リビング・ダイニング・・・
          約10畳のリビング・ダイニング 庭の緑が清々しい・・・
         キッチン・・・ ほぼ 業務用厨房の様相・・・

住居部分も 寺院部分と同様に・・・

贅沢はしていないけれども・・・ 

自然素材、無垢材を選定し・・・ 

シンプルで清潔感のあるデザインを・・・

心がけました・・・。

  

元請会社は 鶴岡建設株式会社・・・       

撮影者は いつも通り・・・

「WHITE HOUSE」 の 浅賀 進氏 であります・・・。

 

 

2020年 7月 15日

◆「(宗)禅源寺 庫裡」完成写真 六

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

庫裡には 様々な機能がありまして・・・

檀家さんと共有する部分・・・

そして 住職さんご家族の 私的部分・・・

今回は そちらの部分も 少し UPします。

         水屋を備えた 客間兼受付の間・・・板に彫込を施した板戸も再利用品です 
         住居部分の 仏間兼客間になります・・・
         住居部分の和室の寝室になります・・・ 東側の庭がのぞめます。

北側、東側に庭があり 建物の中から

いかに この既存の庭を感じさせるか・・・

設計者としての大きな課題の一つでした・・・。

 

元請会社は 鶴岡建設株式会社・・・       

撮影者は いつも通り・・・

「WHITE HOUSE」 の 浅賀 進氏 であります・・・。

 

 

2020年 7月 14日

◆「(宗)禅源寺 庫裡」完成写真 五

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

客間の続きです・・・

        続き間12.5畳+12.5畳 逆側の床の間です・・・
         床脇・・・ 雪見障子から 庭が感じられます・・・
         二間続きの間・・・ 開けると こんな空間に・・・
          続き間・・・ 堺の襖を外すと・・・ こんな空間に・・・



         続き間12.5畳+12.5畳の 手前の 前室です・・・

水墨画の襖・・・ 書の襖・・・ 障子・・・

様々な 歴史ある 既存の建具達・・・

一枚一枚に番付し 写真を撮り・・・

一旦 建具屋さんの倉庫へ保管・・・

その後 どの建具を どこに使うか・・・

総合的に判断 そして リメイク・・・

高さを足したり・・・ 幅を詰めたり・・・

ここまで 再利用 リメイクした 現場は・・・

長い設計人生で・・・ 「初」の体験でした・・・

何とか 下手な作為を感じさせない格好に・・・

納めることが出来たと思います・・・。

 

元請会社は 鶴岡建設株式会社・・・       

撮影者は いつも通り・・・

「WHITE HOUSE」 の 浅賀 進氏 であります・・・。

 

 

« 前へ
〒997-1123 山形県鶴岡市友江町16-20 TEL 0235-33-2432 FAX 0235-33-3259