カレンダー
2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
旧ブログ
2013/2月以前のブログは
>> コチラです
ブログランキング
ランキング参加中!
よろしければ『クリック』してください!
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新コメント/トラックバック
  • Loading...
検索
DIARY トップ > 設計

2018年 10月 13日

◆「内川学10年目 プレイベント」参加

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

今日は 荘内銀行本店のロビーで行われました

今年で10年目を迎える「内川学」のプレイベントに参加してきました。

勿論 東北公益文科大学大学院 高谷研究室の主催です。

高谷先生から 御挨拶が・・・。

10年の歴史が パネル 模型等で表現されています。

11年前 初期のプロジェクトに参画していた花沢君のお話し・・・。

花沢君の後輩 川上君のお話し・・・。

学外研究員で「内川学の親」國井さんのお話し・・・。

現役の学生さんのお話し・・・。

私も 高谷先生とのおつきあいが 既に 十年強・・・

そんな時間の流れの中で「内川学」が十年目・・・

様々な立場の人達が 様々な場面で 繋がり合って・・・

はや 10年・・・ 十年前に関った人たちも遠方から

駆けつけて来てくれたり・・・ ここから また

次の10年に向かって 何らかの形で 積極的に繋がって

行きたいものです 一鶴岡市民として・・・。

懇親会の席 メインボーカル・・・高谷時彦・・・。

地元に出来た 大学 大学院とこんな関係性で10年余り

お付き合い お手伝いできたことに感謝しつつも

次のステージに向けて 歩みを進めて行きたいと思います。

 

 

 

2018年 10月 10日

◆「新たなオファー・・・」クライアント打合

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

本日「新たなオファー・・・」のクライアントとの

ファーストコンタクト・・・ 今回のプロジェクトの

概要についての説明を受けて その後 先方の希望、要望を

承ってまいりました。 穏やかな物腰のクライアントご家族・・・

今現在は手探りの状態ですが 少しずつ手と頭を動かして

作業を進めて行きたいと思います。

 

まずは この方々のために「一番良いもの」を提供できるように

努力したいと思います。

 

 

2018年 10月 6日

◆「ショウナイホテル スイデンテラス」外観

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

地元鶴岡に先日OPENした 世界的建築家 坂茂氏 設計の

「ショウナイホテル スイデンテラス」の写真をUPします。

右手に見えるのが 木造二階建てのホテル棟です。

共用棟 東側 パーキングから・・・。

メインアプローチ 建物側から・・・。

共用棟を グランドレベルより・・・。

左手に広がる水辺は 「擬似田んぼ」来年の秋には稲穂が実っている?

待望のOPEN・・・ 今後 世界中から建築ファン 坂茂ファンを

含めた!?多くの人が ここに来られると・・・想像されます。

庄内の・・・ 鶴岡の・・・ 末永い魅力の一つになることを

切に切に 期待し また 地元民として利活用して行きたいと思います。

 

 

2018年 10月 3日

◆「新たなオファー・・・」

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

一報が入りました・・・ 前向きに考えることとし・・・

時期を見て クライアントとのファーストコンタクトを・・・

模索します・・・。

 

最近 実は 空振りもあったりして・・・ 

成約まで漕ぎ着けることが出来るのか・・・

頑張りましょう!!!

 

 

2018年 9月 24日

◆「’18 建築行脚 東京編」東京オペラシティ 

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

もう20年以上前の竣工ですが 初めて足を踏み入れました。

       東京オペラシティ・・・ 

柳澤さんとNTTファシリ 他のJVによる設計作品です。

ドーム型の天井 広々としたプロムナード・・・。

全体の仕上げが「御影石」です。 この頃の建築にはお金が掛かっています。
その御陰もあって「しっかり」しています・・・造りが・・・。

こちらは円形の広場 ここもお金掛かっています・・・。

吹抜の広場へ階段で降りて行く 立体的なデザインです。

人型のオブジェも 巨大・・・この日はミュージシャンがギターを弾いていました。

コンサートホールのエントランス・・・ガラス張りです。

エントランスの扉・・・モダンさと重厚感・・・。

こちらには吹抜のホールが広がっています。


ゴージャスな造りです・・・。

コンサートホールのホワイエ・・・ホールに入れない人もガラス越しに覗けます。

至るところに「御影石」「大理石」この頃は 普通に こんな感じだったわけです。

バブルの面影が アチコチに残る 東京オペラシティ・・・

当時 東京の風に吹かれていた身としては これはこれで

時代を表現しているし 本物を使っている分 やつれた感じは

建築に出ていないのが 一つの特徴かも・・・。

やっと 実物の「東京オペラシティ」を体感できました・・・。

 

 

 

2018年 9月 23日

◆「’18 建築行脚 東京編」豊島区庁舎 内部

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

ここからは内部です・・・。

壁 天井に 隈さんのデザインが・・・ぷんぷんしています。

木目のアングルが ランダムに角度を変えた格好で取り付けられています。

こんな風な感じで 取り付けられています・・・。

エントランスホールの巨大な吹抜空間・・・。

この吹抜け空間にも 木目のアングルが・・・ アッチ向いたり コッチ向いたり・・・。

豪華な区役所のエントランス空間です・・・。

区役所は もっと質素であっても良いのでは? なんて 率直な感想を抱く豊島区民も多くいるのでは・・・。

この日は日曜日でしたが アチコチの部署は開いていまして

見物の私にも 屋上庭園への行き方を尋ねたところ 丁寧に

案内していただきました。 これからの 新時代の役所・・・

そんな空間を 体感させていただきました・・・。

 

 

2018年 9月 20日

◆「’18 建築行脚 東京編」森美術館

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

早い話が 六本木ヒルズ ですね・・・。

森美術館で開催されています「建築の日本展」狙い・・・で行って来ました。

言わずと知れた「六本木ヒルズ」の「森タワー」53階 「森美術館」です。

大きな 看板が・・・ ここから入っていきます。

美術館の手前のホール・・・ 建築を生業にしてそうな人・・・ そうでもなさそうな人も・・・ 盛況でした。

六角さんの 木組みのスクリーン・・・。

香川県庁舎にあった 丹下さんの家具・・・。

国宝「待庵」の原寸モデル・・・。

丹下さんの自邸 S=1/3のモデル・・・。

木造で「モダニズム」素敵です・・・。

丹下さんの 香川県庁舎 モデル・・・。

谷口さんの 法隆寺宝物館のモデル・・・。

展望室からの眺望・・・「新国立競技場」の工事現場も見えました・・・。

まさに 日本の建築を「わっ」と まとめた展示・・・

先週末で終わってしまいましたが 約5か月間 森美術館の

15周年記念展でありました。 

「まあ 行っといて良かったかな・・・」って 感じです。

 

 

2018年 9月 18日

◆「’18 建築行脚 東京編」浅草文化観光センター 内部

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

今度は 内部を・・・

1Fはインフォメーションセンター さすがに外人さんが多い・・・。

1-2F 吹抜の空間になっています。

吹抜の階段から・・・。

木製パネル・・・細かな細工が際立ちます。 個人的に好きなデザインです。

近づくと・・・ こんなディティールです。

上階には 多目的なホールが・・・ この日はPRビデオが流されていました。 丁度良い休憩コーナー・・・かも。

天井のデザインは「隈流」良く見られる感じです・・・。

最上階には 展望デッキと 展望カフェが・・・ 木をアチコチに

散りばめた近年の「隈流」デザインが溢れている 建築でした・・・。

 

 

2018年 9月 16日

◆「’18 建築行脚 東京編」浅草文化観光センター 外観

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

2012年竣工 隈研吾氏の設計による建築です。

完成してから もう6年が経過しています。特徴ある外観 隈さんの 感じが よーく出ている建築です。

平屋建てを幾重にも重ねたようなデザイン 木製の縦格子が いつもの隈さんの感じ・・・。

充分に デザインの主力要素になっている 縦格子・・・。

木製ですから 今後も経年変化を重ね アンバランスがバランスしている全体に似合っていくのだと思います。

浅草寺「雷門」の目の前に鎮座し インフォメーションセンターでありながら 観光名所の一つになっています。

展望デッキからは こんな景色が・・・建築が景色を作っています。

完成から6年も経ってからの初訪問でしたが 建築の良し悪しよりも

国内外を問わず 多くの観光客が押しかけて 建物として使われて

役に立っている感じをひしひしと感じました。 

翻って それは「良い建築」なのだと・・・実感しました・・・。

 

 

2018年 9月 15日

◆「’18 建築行脚 東京編」刀剣博物館 内部3

★ブログランキング参加中 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へにほんブログ村 クリックお願いします!★

本来 メインの 展示室 の写真を・・・どうぞ・・・。

外観で見られたドーム型のフォルムはここの天井のデザインだったわけです。

シンプルで品のあるデザインです・・・。

展示されている刀剣には目もくれず・・・いや 若干は干渉しつつも 目はインテリアに・・・。

なにしろ 槇さんの建築には「品」がある・・・再確認いたしました・・・。

展示品の中に 撮影禁止の品が 2,3点あったくらいで 

館内 どこも撮影OK・・・ 建築好きにはありがたい博物館です。

 

 

« 前へ
〒997-1123 山形県鶴岡市友江町16-20 TEL 0235-33-2432 FAX 0235-33-3259